ITの基礎的知識

データ構造とデータベース

更新日:



データ構造とデータベース
  1. データ構造
  2. データベース

     

 データ構造体系
     |
     |--木構造
     |
     |--ネットワーク構造
     |
     |--リスト構造
     |
     |--キュー構造
     |
     |--スタック構造
     |
     |--配列構造

 データベース体系
     |
     |--関係型データベース
     |
     |--網型データベース
     |
     |--階層型データベース


1.データ構造

  • 配列構造

     配列は、テーブル、表などともいい、同じ種類のデータを順番に主記憶装置に記憶
    したデータ構造のことをいう。

  • スタック構造

     スタックとは、棚を意味することから、棚に見立てた記憶領域にデータを格納したり、
    取り出したりできるデータ構造のこという。

  • キュー構造

     キューとは、待ち行列のこといい、キュー構造は、発生したデータが並んで処理の順番
    を待っている状態を表現するデータ構造である。

  • リスト構造

     リストは、データの項目の順序づけられた集合のことをいう。リスト構造は、データが
    記憶装置内において記憶されるときに、データ相互の前後関係がリストによって表現
    されるデータ構造である。そして、このリスト構造になっているデータを処理することを
    リスト処理という。

  • ネットワーク構造

     ネットワーク構造は、網構造ともいい、論理レコードの分岐した各項目の間に関連を
    もつデータ構造である。各項目の間の関係は、ポインタなどによって識別できるように
    なっている。

  • 木構造

     木構造は、ツリー構造あるいは階層構造ともいい、各データの間の関係が全て親子
    関係になっているようなデータ構造のことをいう。この構造では、親に対する子は複数
    件存在するが、子に対する親は1件だけ存在している。したがって、データにアクセス
    するための入り口は1つである。

 


2.データベース

  • データベース管理システム

     データベースの大きな特徴としては、データベースのデータの構造とプログラムとを
    切り離して管理することができるということがあげられる。利用者がデータベースを管理
    するのを支援するためのソフトウェアとして、データベース・マネジメント・システム
    (DBMS)があげられる。これはデータベースの管理を専門に効率よく行うための
    システムで、データベースの構造(論理構造、格納構造、物理構造をスキーマという)
    の定義や、データの追加、修正、削除などが可能なシステムである。

  • データベースの種類

    (1) 階層型データベース

        階層構造は、木構造とも呼ばれ、データベースに登録されたすべてのデータの
       関係が親子関係であり、親に対する子は複数件存在するが、子に対する親は1件
       だけ存在している。したがって、データにアクセスするための入り口は1つである。

    (2) 網型データベース

        網構造は、ネットワーク構造ともいい、親に対する子も、子に対する親も複数件
       存在するような構造である。網構造では、登録されたレコードをアクセスするための
       入り口が複数ある。

    (3) 関係型データベース

        関係型データベースは、リレーショナル型データベースともいい、データを行と列
       に展開した二次元の表形式で取り扱うデータベースである。このデータベースは
       物理的な構造は意識せず、データの論理的な相互関係に着目したデータベースで
       ある。

 

最近の投稿

カテゴリー


-ITの基礎的知識

Copyright© ymb , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.