先端技術

MacBook Pro (15-inch, Early 2011) 致命的な問題

更新日:

MacBook Pro (15-inch, Early 2011) のリコールに気づかなかった私が馬鹿なのか?
GPU不具合問題だ!!

AMDのGPUを完全に無効化できるファームウェア
「DeMux(gMux IC Firmware)」の発売を開始

問題が発生して試行錯誤しながら騙し騙し使っていましたが、ついにニッチもサッチも行かなくなりました。
リコールに気がついた時にはリコール期間終了を迎えていて後の祭り!。
通知もなんもないんだな!?

MacOS Ⅹ で起動も新規インストールもできなくなったので、Windowsを直に入れてみたら少々画面は乱れているが操作できないほどではない。
いいんじゃないか、と使っているうちにWindowsUpdateでいきなり真っ黒になって反応しなくなった。
リモートを有効にしていたので、リモート接続して見るとちゃんと動いているんだなこれが。
問題を引き起こしたWindowsUpdateをアンインストールしリモートで問題なく動作していたのだが、ある日突然リモートでも動作しなくなった。

画面は表示されないしリモートもだめこれではお手上げです。

新規にWindowsをインストールしてまた復活したが、問題になりそうなUpdateは拒否!!
update拒否はこちらhttps://ymbjp.com/show-or-hide-updates

近いうちに修理できる所に出そうと思っている。
やっぱ MacBook Pro は MacOS Ⅹ で動かすのが一番良いのだ。
愛着のある MacBook Pro をもっと満喫したいのです。
(MacBook Air で寄稿中)

こんなブログを見つけました。
先ずはこちらへ 
"https://www.softantenna.com/wp/mac/macbook-pro-2011-gpu-fix/"
強制的に内蔵GPUを使用する。 → 熱い状態で起動すると内蔵GPUを使うらしい
問題はアップデートすると解除されるようです。自動アップデートを回避する必要がある。

"http://iici.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/macbook-progpu-.html"
AMDのカーネル拡張のキャッシュを削除することで内蔵GPUのみで動作させる
以下、カーネル拡張の再構築手順
1. シングルユーザーモードで起動(グレイスクリーンが表示される前にCommand + Sキーを押下)
2. システムをマウント
 (mount -uw /)
3. 退避フォルダを作成
 (例:mkdir _temp)
4. 作成した退避フォルダにAMD関連のフォルダ・ファイルを移動
 (sudo mv /System/Library/Extensions/AMD*.* /_temp)
5. カーネル拡張のキャッシュを再構築
 (sudo kextcache -v 1 -m /System/Library/Caches/com.apple.kext.caches/Startup/Extensions.mkext /System/Library/Extensions/)
6. Macを再起動
 (sudo reboot)

それよりも、修理してくれる所を探すのがベストだと思います。

最近の投稿

カテゴリー


-先端技術

Copyright© ymb , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.