YW-600G_M

60代のichiマイ

現役で素晴らしい音色を奏でています K.Yairiも 私も

更新日:

高校の文化祭でデビューし大学のフォークソングクラブで大活躍した、40数年前に購入した【K.Yairi YW-600G】はまだまだ現役です。

YW-600G_LYW-600G_G

 

 

 K.Yairi YW-600G:特異な風格をもつスタイルでトップはよくえらばれたスプルースにカ木を手作りで完全に接着し完璧なボデーを造り、バックセンターにはパールのインレイを配しオリジナルブリッジと共にフィンガーボードのデザインが魅力的です。ネックは高級ホンジュラスマホガニーを使用しヘッドは糸蔵式で非常にチューニングが楽です。独特で深く大きな低音と、澄んだ大きな高音と両面をもつギターです。『1970年代カタログより』 ペグはGROVERに交換しています。 

 

ポップス川上で購入したんだね、地下のレンタルスタジオでメンバーとよく練習した頃。ナナ

 

『ガロ』のコンサートに行った時、前座がなんと『アリス』だったこと。『学生街の喫茶店』今でも歌ってる。遠き淡い思い出が蘇る。

 

『兄ちゃんが赤くなった』(スリーフィンガー)を必死で練習したあの頃。『ペニーレインでバーボン』原宿の café terrasse PENNY LANE に行った事。

 

FM広島の何周年記念かで開催された『拓郎コンサート』に行った事(郵便貯金会館)。

 

松山市民会館では多くのミュージシャンのバイトに明け暮れていた頃。

拓郎コンサンートのバイトをした事。

 

原宿クロコダイルとタバコの煙にブルースハープ

 

BEGUINE、RHUMBA、MAMBO、BOSSA NOBA、CALYPSON

リズムは色々あれど感覚が欲しているリズムを刻めばいいのさ

 

オーストラリアの牧場で『旅の宿』を弾き語った事

 

ymbkyama

 

全てが良い想い出だ。

K.Yairi等々 アコギに感謝!!Kawaseの弦を張って弾きまくろう

 

そうだ、一度自分史をまとめてみよう

 

定年後には趣味を広げるのも大事。

ギターが弾けたら素敵でしょうね。

 

全ては上手く行っている

-60代のichiマイ

Copyright© ymb , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.