JavaScriptをもう一度

2章 JavaScript

投稿日:

02 演算子

  • 算術演算子

    •  算術演算をするための演算子。
       
    • 演算子
      = 変数に値を代入する
      + 加算
      - 減算又は負の値を表す
      * 乗算
      / 除算
      % 乗算、除算で余りを求める
      ++ 値に1を増やす(インクリメント)
      -- 値から1を引く(デクリメント)
    •  インクリメント、デクリメントの使用例。
       
    • 【例】インクリメント、デクリメント
      y=x++ yに値を代入してからxに1を加える
      y=x-- yに値を代入してからxから1を引く
      y=++x xに1加えてからyに値を代入する
      y=--x xから1引いてからyに値を代入する
  • 比較演算子

    •  左辺と右辺の値を比較して、真の時は「true」の、偽の時は、「false」の値を返します。

       
    • 比較演算子
      x == y xとyは等しい
      x != y xとyとは等しくない
      x < y xはyより小さい
      x <= y xはyより小さいか等しい
      x > y xはyより大きい
      x >= y xはyより大きいか等しい
      x === y xはyと等しい。型の変更を行わない(JavaScript1.3追加分)
      x !== y xはyと等しくない。型の変更を行わない(JavaScript1.3追加分)
  • 論理演算子

    •  左辺と右辺を論理演算し、真の時は「true」の、偽の時は「false」の値を返します。
       
    • 論理演算子
      x && y AND(xかつy)
      x || y OR(xまたはy)
      x ! y NOT(xはyでない)
  • 代入演算子

    •  右辺の値を左辺に代入する演算子。
        
    • 代入演算子
      x += y 左辺に右辺の値を加算し結果を左辺に代入(x=x+yと同じ)
      x -= y 左辺に右辺の値を減算し結果を左辺に代入(x=x-yと同じ)
      x *= y 左辺に右辺の値を乗算し結果を左辺に代入(x=x*yと同じ)
      x /= y 左辺に右辺の値を除算し結果を左辺に代入(x=x/yと同じ)
      x %= y 左辺に右辺の値を 除算し余りを左辺に代入(x=x%yと同じ)
  • 文字列演算子

    •  文字列の連結を行う演算子。
        
    • 文字列演算子
      "文字列A" +
      "文字列B"
      「文字列A」と「文字列B」を連結する
      a += "文字列b" aの後に「文字列b」を追加する
  • ビット演算子

    •  値をビット単位で演算します。
    •  コンピュータは、文字列も数値も全てビット単位(2進数)で処理しています。ビット演算子は、値をコンピュータと同じように、ビット単位で取り扱う演算子です。
        
    • ビット演算子
      ~ ビットの反転
      & ビットの論理積(AND)
      | ビットの論理和(OR)
      ^ ビットの排他的和(XOR)
      << ビットの左シフト
      >> ビットの右シフト
      >>> ビットの論理右シフト
      <<= ビットごとの左シフトの代入
      >>= ビットごとの右シフトの代入
      >>>= 論理右シフトの代入
  • new演算子

    •  オブジェクトのインスタンスを作成する演算子。
        
    • new演算子
      オブジェクト名 = new
      オブジェクトタイプ (値1、値2、....、値n)
       
  • 条件演算子

    •  条件式が真「true」の時と偽「false」の時で、違った処理を行う演算子。
        
    • 条件演算子
      条件式 ? x:y 条件式を評価して、真「true」の時はxの、偽「false」の時はyの値を参照する
  • その他演算子

    •  式や値を括るカッコや、オブジェクトやメソッドを区切るピリオドなども演算子。
        
    • その他演算子
      [ ] 配列の添え字を括る
      ( ) 値や数式を括る、オブジェクト・プロパティ・メソッドを区切る
  • typeof()演算子(JavaScript1.1)

    •  数値・文字列・変数・オブジェクトなどの型を調べる演算子。
        
    • 【例】
      var suzei = 123
      var mozi = "YMB"
      var item = null
      var today = new Date()
      var fanc = blur
      document.write(typeof(suzi) + "<br>")
      document.write(typeof(mozi) + "<br>")
      document.write(typeof(item) + "<br>")
      document.write(typeof(today) + "<br>")
      document.write(typeof(fanc) + "<br>")
      document.write(typeof(nashi))
        
  • void()演算子(JavaScript1.1)

    •  値を返さずに式を評価する演算子。
        
    • 【例】
      <A href="javascript:void(fanc())">ここをクリックするとfanc()が呼ばれます</A>

  • delete演算子(JavaScript1.2)

    •  指定したオブジェクト・プロパティ・配列の要素の削除を行う演算子。
    •  「delete」の処理が正常に行われた場合、「undefined」と「true」の値を返し、そうでなければ「false」の値を返します。
        
    • delete演算子
      delete オブジェクト名
      delete オブジェクト名.プロパティ名
      delete 配列名[インデックス]
       
    •  【例】では、「delete」演算子を使って「hairetu[2]」の配列の要素を削除しているので、「document.write()」で書き出された結果は、「0番目/1番目//3番目」となります。
       
    • 【例】
      <script language="JavaScript1.2">
      <!---
      hairetu=new array("0番目","1番目","2番目","3番目");
      delete hairetu[2];
      document.write(hairetu.join("/"));
      //--->
      </script>

  • 演算子の優先順位

    •  それぞれの演算子には、優先順位があります。
    •  上に行くほど優先順位が高くなります。
        
    • 演算子の優先順位
      ( ) [ ] .
      ! ~ - ++ -- typeof void
      * / %
      + -
      << >> >>>
      < <= > >=
      == !=
      &
      ^
      ||
      &&
      ?:
      = += -= *= /= %= <<= >>= >>>= &= ^= |=
       

-JavaScriptをもう一度

Copyright© ymb , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.