60代のichiマイ

コードについて Dominant motion

投稿日:

コードと言ってもソースコードではありません。和音(Chord)です。

  1. Dm7とG7の関係
    Dm7とG7とは音の構成が非常に似ています。
    そこで音の流れと響きを良くするためにG7をDm7/G7としてあつかう例が通例になっています。
    これでC→Dm7/G7という形ができました。
  2. CとAmの関係
    Cというコードが普通記されていた場合一般にはC6かCmaj7にして使います。
    C6というコードはAm7と全く同じ音からできています。
    そこでCが長く続く時にはこのようにC/Amのような形におきかえて音の変化を狙います。
    またCmaj7はEm7と同じ音によって構成されていますからこれもCの代理として使用されます。
    特にEm7は完全にCの代理に使うことができますから使い方を覚えれば大変便利なコードです。
  3. ドミナント進行
    ドミナント進行はⅤ7→Ⅰ(Cの場合はG7→C)の関係の基本的な形です。
    その関係は各調に
    G7→C7→F7→B♭7→E♭7→A♭7→D♭7→G♭7→B7→E7→A7→D7→G7
    と連結され流れが非常にスムースです。
    音楽はこのドミナントモーションの連結でできあがっているという人もいます。

    E7→Am7→Dm7→G7

  • C→F→C→G7
    F→B♭→F→C7
    G→C→G→D7
  • C→Am→F→G7
    F→Dm→B♭→C7
    G→Em→C→D7
  • Am→G→F→E7
    Cm→B♭→A♭→G7
    Em→D→C→B7
  • E→A→E→B7
    F→B♭→F→C7
    G→C→G→D7

-60代のichiマイ

Copyright© ymb , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.